2023年01月20日

アリストテレス〜中庸で仲直りしよう!〜

アリストテレス

キーワード:

中庸(ちゅうよう)

使用例:

A子「ぜったい函館でスキーだってぇ〜」

B子「え〜箱根で温泉がいいよ〜」

あなた「アリストテレスみたいに中庸(ちゅうよう)的に考えると、あいだをとって宮城蔵王で温泉とスキーなんてどう?」

A子・B子「良い案ね…(アリストテレスって誰よ…チューヤンは知ってるけど…)」


⇒アリストテレスはプラトンの教え子だったんだけど、考え方は全然違かったんだ。プラトンが「絶対正しいものがある」というと、アリストテレスは「みんなで決めたことが正しいことだ」と反論した。中庸(ちゅうよう)とは「対立するものごとの真ん中をとること」。上の会話では、北海道と神奈川県のあいだということで場所は宮城県、温泉とスキーどっちも満喫できる場所ということで蔵王を提案している。こういうふうに話し合えば政治はうまくいくとアリストテレスは考えていた。とても現代的だよね。




posted by あいにゃん at 17:34| Comment(0) | TrackBack(0) | アリストテレス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。